田口織物工場

TEL : 042-651-5159

FAX : 042-651-7159

 

〒193-0816

東京都八王子市大楽寺町178

 

田口織物工場:会社概要

創業時は大草原の小さなお家から始まりました
創業時は大草原の小さなお家から始まりました

 

田口織物工場は、市内から西北西へ直線距離で5kmちょっと、山が近く、田んぼや畑、野っ原に囲まれた自然豊かな場所で、1960年に創業いたしました。

創業当初は、和服の日常着や作務衣などの織物を中心に作り続けてきましたが、生活様式の変化に伴い、1970年代半ばからは、洋装(服地)の生産に比重を移すようになりました。

八王子の中では、いち早く洋服地の生産に取りかかったと言う事もあり、1980年代初頭からブームになったDCブランドの生地を多く手がけました。

歌番組やテレビドラマ、映画などに出演される方々の衣装の生地に使われる事も多く、生地を気に入ってくださった方からは、現在でも継続してご注文を頂いております。

 

八王子は、「八王子織物」として400年以上の歴史がある織物の産地と言われていますが、

修学時の恩師でもあり、染織史研究家でもあります、松岡芳朗氏著書「研究誌」一部抜粋によりますと。

 ~~八王子周辺(八王子・村山・青梅)の染織業の起こりは平安末期が定説となっているが、950年、小野義孝(武蔵7党の1つ横山党の祖)が武蔵の国司に任ぜられ、織物をとくに奨励したことが、今日の八王子染織業の源泉となる。~~

と書かれています。

このことから、1000年以上の歴史ある地場産業になるわけです。

 
今はまわりに家も増え、住宅街の小さな工場です
今はまわりに家も増え、住宅街の小さな工場です

 

現在は、ウールや綿、麻、シルクなどの天然繊維を使用した婦人服用の高級生地の製造が主流ですが、海外工場での大量生産には向かない高品質の生地を小ロット生産するなど、小回りの効く受注が増えております。

今後の展開としては、ストール、マフラー、バッグや小物などの制作、ものづくりをする個人向けへの生地提供なども準備中です。

 

縦糸と緯糸を一定の規則で交錯させてつくる繊維製品、『織物』

そんな、織りなす布は、誰かを暖めうるかもしれないし、誰かの傷をかばうかもしれません。

そして、織物を使って新しいものづくりを考えてる人との出逢いがあればいいなと思っています。

 

 

お知らせ